葬式・葬儀と遺品整理

new entry

category

新着情報

2013/10/15
葬式を更新しました
2013/10/15
流れを更新しました
2014/01/25
遺影を更新しました
2014/02/07
遺言を更新しました

遺品整理

ihinseiri

遺品とは、先立たれた家族が残した物品の事です。
そして、先立たれた家族が残した遺品を整理する事を、遺品整理と呼びます。

一般的に遺品整理を行う方法は、残された家族が行います。
故人と家族が同居をしていた場合や、住居が近くだった場合には家族で遺品整理を行う事が出来ます。
しかし、家族と故人が住んでいた場所が遠方だった場合、遺品整理を進める事が難しいです。
そういった場合は、遺品整理の専門業者にお願いをします。

種類

遺品とは、衣服・写真・手紙という物だけではありません。
遺品は、故人の所有していた現金と貯金も含まれます。
そして、土地や家屋も遺品の種類となるのです。

こういった遺品を整理していく上で、特に重要になるのは正しい種類で分別する事です。
なぜならば、遺品の中には「プラスの財産」と「マイナスの財産」があるからです。

プラスの財産とは、土地・家屋・現金・預貯金・自動車・駐車場などです。
そして、マイナスの財産とは、住宅ローン・借金・未払金です。
プラスの財産もマイナスの財産も、残された家族で分割します。

遺品整理の種類分けは大変な作業ですが、故人を偲ぶ意味と残された家族が気持ちの整理を付ける意味もあります。
したがって、遺品整理の種類分けは大切な作業です。

方法

houhou

遺品整理の方法は、「遺族で分け合う」・「福祉施設・公共施設に寄贈する」・「廃棄処分をする」という方法になります。
遺族で分け合うというのは、生前故人が使用していた物品を分け合う事です。
そして物品を分け合うのは遺族だけではなく、故人が生前親しいお付き合いをしていた方に分ける事も出来ます。
この方法は、「形見分け」ともいわれています。

故人が利用をしていた本棚や机という家財道具や書籍も、遺品に分類されます。
こういった遺品は、学校・図書館・老人ホームなどに寄贈する事が出来ます。
この遺品整理の方法が、福祉施設や公共施設に寄贈する方法です。

遺品を廃棄処分するというのは、引き取り手が見つからなかった家財道具と、故人が着用していた衣類・生活用品の処分方法です。
廃棄処分という扱いなので、遺族は抵抗を感じます。
しかし、遺族が気持ちを整理する為にも、必ず行わなければならないのです。

このように、遺品整理は様々な方法があるのです。


外部リンク

東京の遺品整理といえば【Clean Next】
遺品整理で頼りにできる大阪の|おたすけマックス
遺品整理は栃木の業者がしっかりと行なってくれます【遺品整理業者ランキングナビ】
遺品整理を依頼するならこちらから|遺品整理の事やサービスについて紹介
[3]
[0]